リュッシャーカラーテストとは

1947年にスイスで発表されたリュッシャーカラーテストは、マックス・リュッシャー博士により考案された「自己統制心理学」です。

人間に共通する心理構造の中で起きる、個人の心の動き(偏り)を明確化するために「色」を使用しています。

 

リュッシャー博士は、この「人類に共有される心理構造」を最も「生理的に感じさせる」4色を、4,565色の中から統計で選びだしました。人類に共有される「客観的な意味」を持つ色(リュッシャーカラー)は、心を測定する「体温計」の役割を果たします。

 

「鎮静」 ~ 「興奮」

「緊張」 ~ 「解放」

 

2対4つの基本感情は、国籍も年齢も超えた「人類の内的アクション」であり、互いがシーソーのように行き来することで心理バランスを是正しています。

 

 

「客観的な意味を持つ色」(体温計)に対する、主観的な「好き」「嫌い」というリアクションこそが個々の体温です。高過ぎたり・低過ぎる体温は「執着」「拒否」の状態です。一過性の過度な反応であれば問題はありませんが、それが長期に続けば心身に問題が起きてしまいます。リュッシャーカラーテストは、「明確に意味のある色刺激」をスケールに診断・分析し、心理バランスを是正するサイコセラピーなのです。


リュッシャーカラーテスト(ノーマルフルテスト)を基本とし、その他にも特徴ある派生テストが数多く誕生しています。

コチラではカウンセリングメニューとして、2種類のカラーテストをご用意しております。

リュッシャーカラーテスト

統計で選ばれた色見本「カラーテーブル」から、色の「好き」「嫌い」を番号で答えていただきます。社会生活における「欲求」や「拒否」を分析します。

リュッシャーカラーズオブラブ

フルテストは「対社会」に向けての心理欲求が表れますが、カラーズオブラブは「プライベート=恋愛」心理にフォーカスし、パートナーシップにおける「欲求」「拒否」を診断・分析します。